夏の京都で和装前撮り

  1. HOME
  2. 夏の京都で和装前撮り 撮影トピックとお写真紹介

夏の京都で和装前撮り

「夏に和装で前撮り」というとあまりイメージが湧かない方も多いかと思いますが、「結婚式を秋に控えて、スケジュール的に夏に前撮りをしておきたい」「新郎の夏休みを利用して京都に撮影に来たい」等の理由から、実は撮影をされるお客様が多い時期でもあります。一方、「暑い中で着物を着ても大丈夫?」「化粧崩れはしない?」等、気になる点も多いのではないでしょうか。
こちらのページでは実際の京都での夏の前撮りのお写真例とともに撮影ポイントや注意点、おすすめのロケーション、夏の撮影にあたっての不安や疑問についてのご回答を紹介させて頂きます。

夏の京都の気候と撮影トピック

夏の白無垢の花嫁様

初夏(5〜7月上旬)は撮影場所の木々の葉が綺麗で、爽やかな気候が続きます。この頃の紅葉は光を美しく透過させお写真映えが抜群です。スタッフが密かにオススメする撮影シーズンです。

真夏(7月中旬〜9月)の撮影については、他サービス様では炎天下の中で長時間ロケーション撮影をされる場合もございますが、古都の花嫁では、冷房の効いたお部屋で休憩を挟みながら撮影ができます。

【月別トピック】
・5月  撮影場所の木々の新緑が綺麗で、爽やかな気候が続き、撮影に適した時期です。上旬頃に藤の花が咲き、藤棚の下でのお写真を撮影できます。

・6月〜7月上旬  本格的な夏の到来を前に比較的過ごし易い気候が続きます。新緑を背景にお写真が綺麗に仕上がります。

・7月中旬〜9月  暑い時期になりますが、古都の花嫁ではクーラーの効いたお部屋で休憩を挟みながら撮影OK。挙式を秋に控えて、前撮りにお越し頂くカップル様も多いです。

 

夏だからこそ撮れるお写真は?

撮影時期:8月中旬   撮影場所:戒光寺様にて

撮影時期:5月上旬   撮影場所:戒光寺様にて

その1:夏の日差しと木々の緑で爽やかに
お寺のお庭にある紅葉の葉は光を美しく透過させ、お写真映えします。秋とは違い落葉の心配はなく、夏はほぼ毎回美しい紅葉と共に爽やかなお写真が撮影できるのも魅力です。戒光寺様では5月上旬に藤の花との撮影も可能です。

撮影時期:7月上旬   撮影場所:戒光寺様にて

撮影時期:8月下旬   撮影場所:妙蓮寺様にて

その2:お寺の建物内で明るいお写真を
お寺の建物内はどうしても暗くなりがちですが、夏は日差しがしっかりと届き、明るく柔らかい雰囲気のお写真を残せます。縁側に差し込む自然光を使用したり、強すぎる光は障子に透過させる等、カメラマンの腕次第で他の季節と比べより鮮明なお写真が撮影できます。

夏の和装ロケーション撮影の注意点

婚礼衣装の色打掛や白無垢はずっしりと重みがあり、その下には掛下や襦袢も着ることになるので、花嫁様は想像以上に暑さを感じることがあります。炎天下の中での長時間のロケーション撮影は体力を消耗しますので、体力に自信のない花嫁様や妊娠中の方は特に注意が必要です。
京都の和装前撮りサービスのほとんどは、炎天下の街中で撮影を行うことが多い為、「暑さ対策はできているか」「冷房のきいた部屋で休憩できるか」等、撮影内容をよく検討されることをお勧めします。(後述させて頂きますが、古都の花嫁では夏も比較的快適に撮影できます。

 

夏の京都での和装前撮りお写真sp

京都で夏に和装前撮り FAQ

「暑い中で撮影して大丈夫?」「化粧崩れはしない?」等、夏の撮影にあたって実際によく頂く質問をQ&A方式で紹介させて頂きます。
(観光地等の街中のロケーションでは撮影できないような暑い日でも、古都の花嫁では比較的快適にご利用頂ける理由もご紹介しています。)
夏の撮影のご検討の際にご参照下さいませ。

Q.夏の前撮り撮影は暑いですか?

A.屋外では基本的に暑い中での撮影になりますが、古都の花嫁では冷房の効いたお支度部屋と撮影場所がとても近く、合間に涼んで休憩をとりながら撮影頂けます。(※撮影を行う和室には冷房設備はございません)他サービス様の観光地のロケーション撮影では休憩場所がなく、厳しい環境での撮影が続く場合がございますので、お気をつけ下さいませ。

Q.炎天下での撮影時間はどれくらいですか?

A.屋外での撮影時間はトータルで約40分程度になります。但し、古都の花嫁では屋内と屋外両方で撮影致しますので、ずっと炎天下の中にいるということはございません。「屋外の後は冷房の効いたお部屋で一旦休憩を挟み、屋内のお部屋で撮影」というように撮影順序を考え、ご負担が少なくなるように工夫しております。

Q.夏の前撮りで汗をかいて化粧崩れはしませんか?

A.着物では上半身を紐で締めることにより、お顔に汗が噴き出しにくい状態(*)になります。
また古都の花嫁では、撮影の合間にお寺のお支度部屋で休憩を取り、こまめに汗を引かせながら撮影をしてますので、大きくお化粧が崩れることはあまりございませんのでご安心下さいませ。(*半側発汗という「身体の片側に圧を加えると反対の片側だけが発汗する」という作用です。)

Q.前撮りにあたっての暑さ対策はありますか?

A.観光地等、屋外でのロケーション撮影を行う場合は「撮影時間を短くする」「木陰で休む」などの暑さ対策をされているようです。古都の花嫁では「冷房の効いたお部屋での休憩」に加えて、「冷感スプレーや保冷剤を和装下着に使用し、体温の上昇を抑える」等の対策を取っております。(新郎新婦様、両方に対策致しております。)

 

古都の花嫁 おすすめのロケーションは?

古都の花嫁の夏のおすすめのロケーションとしては「戒光寺」「妙蓮寺」です。
理由としては、「1.どちらもお支度部屋にエアコンがあり、合間に涼みながら撮影できる」こと。また「2.お寺内の日光の入り方を熟知したカメラマンが、夏の光を上手に使用して綺麗なお写真を撮影できる」ことです。

(※紅葉庵は冷房設備がない為、例年6月中旬から9月までの撮影の受付を停止させて頂いております。どうか予めご容赦下さいませ。)

「戒光寺」
今日とのお寺の和室での和装前撮りお写真
お支度部屋と和室・お庭の距離が近く、涼しいお部屋で休憩をとりながら撮影OK。夏におすすめの紅葉で爽やかなお写真を。
■スタンダードプラン 89,800円(税抜)
■色打掛&白無垢プラン 94,800円(税抜)
(プラン詳細ページへ)

「妙蓮寺」
遠方からお越し下さった白無垢姿の花嫁様
建物内のお写真も明るく撮影できます。縁側やお庭には夏の日差しが柔らかく入り、お写真の仕上がりも美しくなります。
■スタンダードプラン 89,800円(税抜)
■色打掛&白無垢プラン 94,800円(税抜)
(プラン詳細ページへ)

まとめ

暑い京都の夏でも撮影場所の環境や着付けの工夫次第で、より快適に和装のお写真撮影をお楽しみ頂けます。木々の緑や爽やかな夏の日差しを利用したこの時期にしか撮れないお写真もございますので、前向きに撮影を検討してみる価値アリです。

特に、古都の花嫁では冷房の効いたお寺のお支度部屋で休憩を挟んで撮影ができますので、サービスの特徴やメリットをより強く感じて頂くことができるかと存じます。土日祝とお盆のご予約はすぐに埋まりますので、お早めのお申し込みをおすすめ致します。

他の季節(春・秋・冬)の京都での前撮りについて

春・秋・冬の京都での前撮り・ロケーション撮影のポイントも公開しています。よろしければご参考にご覧下さいませ。

春のお写真ボタン(近日UP予定)
秋のお写真ボタン(近日UP予定)
冬のお写真ボタン(近日UP予定)