メニュー

冬の京都で雪と前撮り

目次

京都で雪と前撮り(2023年1月下旬撮影)

塔頭寺院前の雪と腕を組んで笑顔の新郎新婦様。

兵庫県からお越しの20代のお客様。
ウェディングドレス(洋装)での結婚式を控えて和装前撮りでのご利用です。

撮影日の2日前から京都は記録的な大雪。
花嫁様と前日から撮影決行の可否についてご相談させて頂き心配していましたが、当日は雪も止み一安心。

朝スタジオに到着すると長楽寺周辺も雪化粧に包まれました。神秘的な景色にスタッフも感嘆。
思わずスマホで何枚も写真を撮影してしまいました。

雪の長楽寺スタジオ
左:雪に包まれたスタジオ 右:長楽寺参道も雪化粧

お客様も無事ご到着され、お支度完了後はドキドキしながらも妙蓮寺様に移動です。

京都市内中心部にある妙蓮寺様の境内にも雪が残っており、いつもとは全く違う風景です。
撮影時には晴れ間も除き、花嫁様の白無垢と雪の「白」&「青空」という貴重な組み合わせで爽やかなお写真が撮影できました。

妙蓮寺本堂を背景に雪と白無垢と青空の新郎新婦様
妙蓮寺境内にて。本堂に残った雪と青空を背景に撮影。

境内の塔頭寺院様の瓦屋根にも雪が残っていました。
腕を組んで笑顔で撮影。学生時代からのお付き合いということで息もぴったりの新郎新婦様です。

塔頭寺院前の雪と腕を組んで笑顔の新郎新婦様。
妙蓮寺塔頭寺院にて。雪化粧の山門を背景に笑顔で撮影。

屋外では新郎様のソロショットも撮影させて頂きました。

武道をされていたという新郎様。
しっかりした体つきで気崩れも羽織袴姿もとてもよくお似合いでした。

羽織袴姿で腕を組む新郎様
妙蓮寺塔頭寺院前にて。羽織袴姿で笑顔の新郎様。

今回、ご利用プランはスタンダードプラン@妙蓮寺ということで、お色直しはなくスムーズに撮影が進みます。

妙蓮寺建物内に移動後は三方庭園ではうっすら雪が積もった茶梅(さざんか)と撮影。

妙蓮寺建物内にて茶梅と撮影
妙蓮寺三方庭園にて。茶梅(さざんか)と撮影。

寒さにも負けず可憐に咲く赤い花弁がアクセントになっています。
普段とは違った画角で冬を感じるお写真を残すことができました。

妙蓮寺様の十六羅漢石庭(枯山水)のお庭にも雪がしっかり残っていました。
こちらも貴重な雪に包まれたお庭での一枚です。

雪景色の枯山水の庭園での和装姿の新郎新婦様。
枯山水のお庭にて。雪で覆われたお庭と貴重な一枚。

拝観者様も少なく静かな境内で人目を気にせずゆったり撮影をお楽しみ頂けました。

他にも花嫁様のヘアセットや人気の鹿の襖絵前でのお写真等もしっかり撮影させて頂き、この日も和やかな雰囲気の中で無事に撮影終了。

ここまで雪が残った日に、しかも快晴の中で撮影できた日は初めてで、スタッフも印象深い撮影日となりました。

寒い中でしたが、最後まで楽しく撮影にお付き合い下さりありがとうございました。
どうか末長くお幸せにお過ごし下さいね。

お客様の声

【お客様の声】
楽しいお時間をありがとうございました。お写真ゆっくり2人で拝見させていただきます。ありがとうございました。」(お礼のメールより一部抜粋)

撮影データ

撮影日:2022年1月下旬
ご利用のきっかけ:前撮り
ご利用プラン:スタンダードプラン@妙蓮寺
お写真の着物:白無垢10.孔雀と御所車

>1月の撮影ブログ一覧へ

2015年開業。京都の和装専門の前撮り・結婚写真撮影・フォトウェディングのサービス。これまで国内・海外から約1,000組以上のお客様にご利用頂いております。

目次